FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急に訳したくなったので② After Midnight Project 「Take Me Home」

 ゲームの挿入歌は時に大きなインパクトを持ちます。特にエンディングでは。有名なのはFF9の「Melodies of Life」やBOF5の「Castle-Imitation」などでしょうか。

 本日の一曲、「After Midnight Project」の「Take Me Home」もその系譜で、「Prey」という作品のエンディングテーマです。「Take Me Home」という叫び声はまるで終盤の主人公の心を代弁するようで、とても作品に合った曲でした。日本では知名度0と言っても過言ではないバンドですが、惚れた私は本国から輸入盤のアルバム「Let's Build Something to Break」を買うほどハマりました。なおバンドは2009年から活動を停止している模様…ガクッ

 肝心の曲ですが、前半と後半では明らかに視点が違うので男女で分かれているのかな、と思いそれにそって訳してみました。
 無念に満ち溢れた歌詞ですね…

I'm walking in the shadows of my own tempted soul
As time is ticking by, I'm chatting with this bottle of wine
I know that I'm not perfect
I'll admit that I'm a fool
Everytime I'm lost, I'm always finding my way back to you
The one I need when I'm awake

君に魅了されたままの心を秘めて、闇の中を歩いてた。
ボトルワインを呑みながら他愛もない話をしていても、時は残酷に過ぎていった。
ああ知ってる。オレは完璧じゃない。
そうさ、オレはバカさ。
道に迷って、どうしようもなくなったら、いつも君に会いたくなる。
でもさ、そろそろ目を覚まさないとダメなんだよな。

Take me home
I wanna go
And I'm sorry I can't love you
I'm sorry I can't make you see who I am

家に帰りたい。
あるべき場所へ。
君を愛することができなくて本当にすまない。
オレが君をどう思っていたか、伝えることすらできなかった。

Did he see it coming,
Dying in a bath of shame?
While all his hopes passed him by,
And all his fears killed him dry?
Now, I can see what he was thinking
It's so easy, if you try
Killing yourself with a silver dagger
Just to show how much her love is worth the pain
Then hear her cry your name

彼はその時が来ることを分かってたでしょうね。
どうしようも無いほどの無念に溺れて。
彼は絶望に迫られて、
そして恐怖が彼を残酷に殺したんだわ。
彼が思っていたことは良く分かるわ。
その気があれば簡単よ。
銀のナイフで自分を殺して、
私への思いがどれほどのものか見せようとしたんでしょう?
私にも届いたわよ。私の名を叫ぶ彼の声が。

Take me home
I wanna go
And I'm sorry I can't love you
I'm sorry I can't make you see who I am

家に帰りたい。
あるべき場所へ。
君を愛することができなくて本当にすまない。
オレが君をどう思っていたか、伝えることすらできなかった。

And I can't go on, I can't live like this...
もう続けられない。こんな風に生きることはできないんだ…

Take me home
I wanna go
And I'm sorry I can't love you
I'm sorry I can't make you see who I am

家に帰りたい。
あるべき場所へ。
君を愛することができなくて本当にすまない。
オレが君をどう思っていたか、伝えることすらできなかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。